映画ワンピース、公開2日でエヴァ越え15日に全国公開されたワンピースフィルムZが
土日の2日間だけで100万人動員で、エヴァンゲリオンQや海猿を超え、邦画歴代1位の
滑り出しとなったそうです。

また、入場者プレゼントとしてコミックスの第千巻などが配られるなど、ファンサービスも
抜かりない様子です。

ワンピースは尾田栄一郎の漫画で1997年に週刊少年ジャンプで連載がスタートしてから
売上はぐんぐん上がり、現代のドラゴンボールといったところでしょうか。

それどころか先日、小学生の男の子と話をする機会があり、カメハメ派を知らない
というのでびっくりしましたが、のびのびの実など悪魔の実にくわしく、あぁ、時代は
変わっていくのだな~と体感しました。

ワンピースのヒットの理由は、やはり主人公ルフィがストレートで面白く、また登場人物も
ひとりひとりの役割がしっかりしているため、人生観などを置き換えやすいからかもしれません。
漫画と言えど、これだけの経済効果を生むストーリーと、魂のこもった絵には誰しも
惹かれるものがあるのではないでしょうか。

So far there's (just?) 0 comments on this post - join in and add one »